ビットコインの基本(14) ― マイニングとセキュリティとは①

やあ、ハカセじゃ。

今回は、まず2014年に起きたビットコイン(Bitcoin / BTC)をめぐる大事件について説明していくことにしよう。

マウントゴックス社の事件

2014年、上昇を続けるビットコインの人気に「ほんの一瞬」影を落とすような出来事が起こった。

当時、世界最大のビットコイン取引所じゃったマウントゴックス社が突如として取引を全面停止、そのまま経営破綻したんじゃ。

このことは新聞などにも大きく記事が掲載され、一大騒動となった。

経営破綻の原因は約75万BTCと現金28億円が盗まれたためで、当初それは外部からのサイバー攻撃で盗まれたとされておった。
取引所が顧客から預かった通貨を盗まれるなんぞ絶対にあってはならないことで、ビットコインは危ないんじゃないか……という疑問や批判の声もかなりあがったんじゃ。

しかしながら、その後よくよく調査してみると、実際には会社による業務上横領であったことが判明した。
顧客が所有しているビットコインを横領して、ビットコインを買うために顧客が取引所に振り込んだ現金も盗んだのじゃった。

つまりは、ハッキングなどによる外部犯のしわざではなく、マウントゴックス社という取引所の内部犯行だったわけじゃ。

. . . . . . . . . . . . . スポンサーリンク . . . . . . . . . . . .

致命的インパクトは与えず

2009年に誕生し、2012年後半頃から徐々に認知度が高まってきたビットコインは、2013年4月に200米国ドル(以下、単にドル。日本円換算で約2万円)となり、そこからどんどん取引が増加、2013年12月には400ドル(約4万円)にまで人気化しておったが、2014年2月にマウントックス社が経営破綻を申請した日には、前日の581ドル(約5万9,250円)から、558ドル(約5万6,900円)に急落。
しかし、すぐに600ドル(約6万円)にまで回復した。

すなわち、マウントゴックス社の事件がビットコインの価格に与えたインパクトというものは実際にはさほど重くなかったわけじゃが、それはビットコインそのものに問題や欠陥が発生したわけではなく、ブロックチェーンというシステムが優れていることに変わりはない、と世界中のユーザーたちが冷静に判断したからともいえるの。

マウントゴックス社は数ある取引所のなかのひとつにすぎず、マウントゴックス社の破綻はあくまで一取引所の不正・横領によるものであって、ビットコインの仕組みが否定されたものではない――きっとそんなふうに認識されたんじゃろうな。

たとえば、法定通貨の円とドルを交換(両替)する両替所のひとつが何か不正をしたからといって、円やドルそのものの信用は別に変わらんじゃろ?
それと同じようなことじゃ。