ビットコイン投資(3) ― BTC買い方/売り方オススメ方法とは?

やあ、ハカセじゃ。

実際にビットコイン(Bitcoin / BTC)投資を始めるにあたり、(特に初めて購入するからということで)なるべくリスクを抑えつつ購入したいと思っている諸君もきっと多いことじゃろう。

そんなわけで、今回はビットコインに対する投資、すなわちBTC購入に関する考え方の基本について説明していこうかの。

ビットコインはリスクを抑えつつ購入しよう

さんざん以前にも説明してきたように、ビットコインは値動きの幅(ボラティリティ)が大きいため売買のタイミングが難しそうだと感じている人もきっと多いことじゃろう。

そこで、以下ではリスクを抑えながらビットコインを購入する具体的な方法(コツ)について述べていくことにしよう。

結論からいうと、リスクを抑えるためには、一度に大量に購入するのではなく(一度に大金を投じず)、少しずつ時期をずらしながら分割して購入していくのがよい。

というのも、いっぺんにたくさん買ってしまったら、結果として「あんな高値のときに、まとめて購入してしまった…」と後悔することになってしまうケースが多いからじゃ。こういった買い方をした場合、たいがい投資としても失敗の結果に終わることが多い。

そして、購入した後には「こんなに値上がりしたんだから、そろそろ売却したい」という思いに駆られたり、「もっと値上がりするから、まだ売らないほうがいいかも知れない」などと迷いが生じたりしがちなんじゃが、もし判断に迷うようだったら「半分だけ売って、もう半分は残しておく」というのもひとつの立派な方策じゃぞ。

「あのとき売却しておけばよかった…」という思いも、「もう少し待っていたら、もっと値上がりしていたのに…」という思いも両方経験するかもしれんが、どちらにせよ一部を売って一部を残すことによって精神的なショックを軽減できるというわけじゃ。これは精神衛生上かなり侮れないことであるため、決してバカにしないことじゃ。

また、ある程度値上がりしたら売却して利益を確定させ(=利確し)、少し値下がりしたら再び投資をし、値上がりしたら再び売却するということを繰り返すのも悪くない方法じゃ(本当はそんなに単純なものでもないが、話を分かりやすくするため今回はシンプルに基本を述べておるぞ)。

. . . . . . . . . . . . . スポンサーリンク . . . . . . . . . . . .

指値注文と成行注文

仮想通貨取引所によっては、いくらになったら購入する(または売却する)といった具合に、売買価格を指定できる場合もある。このことを「指値(さしね)注文」という。

指定した金額になったら自動的に注文が執行されるため、たとえば仕事や家事の最中にチャンスがあった場合でも好機を逃すことがないから、これは非常に便利な機能じゃ。

ただし、裏を返せば指定した金額と全く同じにならないかぎり売買されることはないので、そこそこ妥当な金額を指定しておくこともポイントじゃ(この「そこそこ妥当」というのは、やはり何度か実際に経験してみることがモノをいうぞ)。

逆に、値段はざっくりアバウトでも構わないから購入したい(または売却したい)という場合には、「成行(なりゆき)注文」にするぞ。うっかりミスがありがちじゃから、そのときどきの価格動向をしっかりと確認したうえで注文することをくれぐれも忘れんようにの。