ビットコイン価格は今後どうなる?―  BTC価格推移予想(1)

やあ、ハカセじゃ。

今回は、諸君も興味津々であろう(?)今後のビットコイン(Bitcoin / BTC)価格の見通しについて、ワシの個人的見解を述べていくことにしよう。

2017年=仮想通貨元年のビットコイン狂騒曲

日本の最大手仮想通貨取引所の広告やCMなどによって、「2017年は仮想通貨元年」などと大きく喧伝されておったの。

とりわけ2017年終盤におけるビットコインの大きな価格上昇が世間的にも注目を浴びたわけじゃが、現実は厳しいもので2018年は一転して大幅下落、その後も停滞を続けており、同年秋では75万円あたりをウロウロ(相場的には、レンジなどというぞ)しているような状況じゃ。

そもそも「需要と供給によって価格は決定される」という大原則的な意味合いでいうと、ビットコインは発行上限(2,100万BTC)が定められており、需要がそれを上回るならば価格上昇の要因となる。

また、2017年はビットコインをはじめとする仮想通貨取引で大きなリターンを得た「億り人(おくりびと)」なる仮想通貨長者が多数輩出され、自分もそれに続きたいと考えた人々がこぞって仮想通貨投資を始めたことも価格上昇に寄与していたかもしれん(ちょうど、タレント出川哲朗の出演するコインチェック社のTVCMが放映されはじめたのもサラリーマンの冬期ボーナス支給を迎える頃じゃったの)。

ところが、ある程度の利益が確保できたところで売却(利確という)したり、春の確定申告(納税)へ向けて現金化したりする人々がたくさん出てきて価格は下落するという説もあった。

. . . . . . . . . . . . . スポンサーリンク . . . . . . . . . . . .

冷や水を浴びせたコインチェック事件

明けて2018年、現実には皮肉にも出川哲朗のCMで一般層に対しても大きく認知を拡大したコインチェック社じたいが大量に(当時で約580億円相当)仮想通貨(NEM / ネム)を流出させてしまう(盗難される)という大事件が起こった。連日マスメディアでも大きく報じられていたから、きっとこのことは諸君も知っておるじゃろう。この事件も契機となって仮想通貨の相場はすっかり冷え込んでしまったことは記憶にも新しいのぅ。

他方、大きく価格が上昇したとはいえ仮想通貨全体の時価総額(市場規模)は当時まだまだ少なく、世界全体の投資マネー全体からすれば決して大きいとはいえないから、もっともっと上がるはずだと主張していた人もおった。短期的にみれば暴落に近いほどに大幅下落してしまったが、中長期的にはビットコインをはじめとする仮想通貨市場全体が大きくなる可能性は高いじゃろうとワシも思っておる。

個人的には、2018年末に盛り上がりの機運を見せ、翌2019年春頃に本格的復活の狼煙を上げるという大筋の見立てじゃ。いずれにせよ、SEC(米国証券取引委員会)におけるビットコインのETF(上場投資信託)承認の可否がカギとなってくるじゃろう。

(※上記はあくまでも個人の見解じゃ。実際に投資をおこなうにあたってはくれぐれも自己責任でおこなうこと)