ビットコインの基本(4) ― Bitcoinでできること③【送金】

やあ、ハカセじゃ。

ビットコインでできること【おさらい】

ビットコイン(Bitcoin / BTC)でできることは、大きく分けると以下の4つになるということは何度も言ってきたわけじゃが…

①ビットコイン自体の売買でリターンを稼ぐ【投資】
②ビットコインで買い物の代金などを支払う【決済】
③他の誰かにビットコインを送付する【送金】
④小さな金額の寄付や投資などに使う【ファンディング】

今回は③について説明していくぞ。

. . . . . . . . . . . . . スポンサーリンク . . . . . . . . . . . .

③他の誰かにビットコインを送付する【送金】

送金面でも、ビットコインの魅力はハンパないぞ。
とりわけ海外では、すでに送金の手段としてビットコインがとても便利に使われておる。

そうじゃな。たとえばキミの弟か妹が海外に留学し、キミは援助として毎月10万円を仕送りすると仮定しよう。このとき、銀行の海外送金のサービスを利用すると、1回あたり2,500~4,000円程度の手数料がかかってしまう。かなりの負担じゃが、ビットコインを使えば、この手数料は格段に安上がりに済むんじゃ。

方法もいたって簡単。キミは日本の仮想通貨取引所に口座を開いてビットコインを買い、送金先である弟妹には現地の仮想通貨取引所に口座を開いてもらう。キミは自分の口座から弟妹の口座へインターネットを使ってビットコインを送金する。弟妹は受け取ったビットコインを現地の通貨に交換(ビットコインを売却)すればいいんじゃ。

ビットコインを送る、受け取る、現地の通貨に替える……というアクションにかかる時間はせいぜい数分程度での、かかるコストも数十円から数百円程度じゃ(利用する取引所によって異なるぞ)。

銀行の海外送金じゃと相手におカネが届くまで数日かかるが、それが瞬時におこなわて、費用もかなり安く済むわけじゃ。

これは非常に利用価値が高く、すでに日本でも利用している人々がおるし、海外では単身赴任先から母国にいる家族へビットコインで仕送りするといったことが普通におこなわれておるぞ。