ビットコイン価格は今後どうなる?―  BTC価格推移予想(2)

やあ、ハカセじゃ。

今回も、前回に続いて今後のビットコイン(Bitcoin / BTC)価格の見通し、そして投資における重要な心構えなどについて、ワシの個人的見解を述べていくことにするぞ。

2017年はビットコイン仮想通貨バブルだった?

そもそも投機的な取引によって大きく価格が上昇したり下落したりすることは仮想通貨に限った話ではなく、どんな金融商品にでもあることじゃ。

実際の需要とかけ離れて価値が過剰に上昇することを「バブル」と定義するならば、2017年のビットコインをはじめとする仮想通貨の価格はたしかにバブルだったともいえるじゃろう。しかしながら、やはり中長期的には実需が増加していくという潮流は止めようがないとも考えられるのでバブルとはいえない、との見方もできなくはない。

「今からビットコインを買っても大丈夫なのか?」といった質問もよく受けるが、そんなことは誰にも分かり得ないことじゃ。2017年、1BTC=70万円あるいは80万円という段にあっても、「もう買わないほうがいい」という声が当時も結構あがっておったが、そんななかでビットコイン価格はさらに上昇を続けた。最近は下火になっておるものの、再び上昇を開始して将来的には500万円程度まで上昇すると主張している人もおる(2,000万円、あるいは5,000万円をも超えるという人さえおる)。

しかし、どんなに投資の知識や技術があろうとも、将来の価格がどうなるか正確に予測することなど世の中の誰にもできないということを心に刻み、あらためて肝に銘じておくことじゃ。大事なことは、どんなに耳に心地がよくとも他者の言うことをそのまま鵜呑みにするのではなく、参考にはしながらも必ず自身の頭で熟考して結論を出すことじゃぞ。

. . . . . . . . . . . . . スポンサーリンク . . . . . . . . . . . .

価格と価値の違い

ちなみにワシが危惧しておるのは、一時的に価格が大きく下落した、あるいは停滞したことによって仮想通貨の価値そのものがなくなってしまったと世間に誤解されてしまうことじゃ。急に仮想通貨が普及すると短期的には都合の悪い人もたくさんいるはずじゃから、当面は否定的な報道や見解が散発してくるのも想像に難くないことじゃて。

また、ビットコインにかぎらず価格というものは投資家の思惑などで動くことも日常茶飯事じゃから、必ずしも価格と価値とは常にイコールではない。このことをぜひ諸君にはご理解いただきたく、微力ながらワシもこの場で説き続けていこうと考えておるぞ。

(※上記はあくまでも個人の見解じゃ。実際に投資をおこなうにあたってはくれぐれも自己責任でおこなうこと)